健康・美容健康

ペット保険の人気ランキングを大公開!備えあれば憂いなし!

image1

ペットを飼っているご家庭も、
今の時代、とても多いですよね。

猫も犬も、飼っていると、まるで
わが子のように可愛く、ペットというよりは
『家族の一員』という感覚が大きいと思います。

しかし、人間と同じように、
猫や犬も歳をとります。

歳を重ねていくうちに、病気をしやすくなったり、
感染症に感染したりする機会が増えてくるでしょう。

そんな時に備えて、今の時代、
『ペット保険』というものがあるのです。

今日は、ペット保険について、
詳しくご紹介しますので、
ぜひ最後までご覧下さいね。

スポンサーリンク

ペット保険って何?どんな種類があるの?

ペットが病気やケガをした場合に、
保険に加入していないと、
高額な治療費を全額負担しないといけません。

そんな、万が一の時に備えて、
治療費の負担を軽減してくれるのが
ペット保険です。

ペット保険は、
欧米では当たり前のように浸透しているのですが、
日本ではあまり普及していませんでした。

ところが、あまりに、動物病院で
かかる治療費が高額なケースが多く、
ペットを飼う人も増えてきている今、

このようなペット保険の存在が見直されるようになり、
年々、加入者は増加しています。

保険には、いくつかの種類がありますが、
一番多くの人が加入していると言われているのが、
『定率保証型』です。

治療にかかった費用を、
割合で負担してくれる保険です。

次に多いのが『定額保証型』で、
最も人間の生命保険に近いと言われています。

病気やケガの際は、一定の金額がおりるので、
長引く入院などに有効です。

最後に、『実学保証型』の保険もあります。
定められた範囲内で実費相当を負担してくれます。

ペット保険のメリット・デメリット

ペット保険に加入する際に、
よく考える必要があるのが、
メリット・デメリットについてです。

メリットは、

  • 医療費の負担が減る
  • ペットが病気しても安心

逆に、デメリットは(保険にもよりますが)、

  • 掛金が高い
  • 保険金が不十分

このような事があげられます。

賢いペット保険の選び方とは

ペット保険に加入する際に、
まず最初に確認したいのが、
『対象種』『対象年齢』です。

せっかく保険に加入しようと思っても、
ご家庭で飼われているペットの年齢が高齢だったり、
珍しいペットだったりすると、
加入できない場合があります。

猫や犬に関しても、雑種か血統書付きかは
あまり加入条件としては関係ありませんので、
そこはご安心ください。

次に、加入を検討している保険の
『支払限度額』『支払日数』に目を通しましょう。

様々な事態を想定して、
どこまでなら自己負担できるのかや、
掛金は月々いくらまでなら負担できるのかを
検討して下さい。

無理な保険加入は、途中で支払いが大変に
なってしまいます。必ず、ご自身の環境に
応じた保険を探すのが大切です。

ペット保険の人気ランキングベスト3!

多くの人から支持されている動物保険の
人気ランキングをご紹介します。

1位『アニコム(どうぶつ保険ふぁみりぃ)』

こちらの保険の人気ナンバーワンの秘密は、
なんといっても、
動物病院窓口で保険請求が可能なことです。

人間と同じように、保険証がありますので、
こちらを取り扱い可能な病院で提示すれば、
7割もしくは5割を保険会社が負担します。

請求が楽だというところが最も大きく、
大手で安心だというところが
加入者を年々増やしている理由のようです。

2位『PS保険』

こちらの保険の人気の秘密は、
なんといっても『保険料』です。

リーズナブルな保険料と、
万が一の時の、保険金請求に対する対応が
迅速でスピーディーだと評判です。

『オリコン顧客満足度ランキング』でも有名な
ここの保険は、多くの人が加入しています。

3位『アイペット』

こちらも、窓口で保険証を提出することで
保険を簡単に使うことができます。

『うちの子』『うちの子ライト』
2種類があるので、飼い主さんの入りやすい方を
選択して加入することができます。

イメージキャラクターには、
関根麻里さんが採用されていて、
CMなどの知名度も高い保険です。

ペット保険のまとめ

いかがでしたか?
ペット保険に関して参考になりましたでしょうか。

保険は、万が一の備えですが、
いざという時に『お金がなくて治療できない』なんて
悲しいことにならないためには
必要なものだと思います。

もちろん、高額な掛金を支払い、
無理してお金をかける必要はありませんが、
日々のちょっとした節約で出せるような
保険料であれば、ぜひ加入をおすすめします。

わが子同然のペットが、
いつまでも健やかな日常を送れるようにするには、
お金を気にせず、動物病院に、
気軽に連れて行ける環境が好ましいでしょう。

皆さんも、ぜひペット保険を検討してみてくださいね。

スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
解決!僕らのお役立ち情報