生活・イベント生活

土用の丑の日はどうして鰻なの?由来をわかりやすく解説!

image1

『土用の丑の日』(どようのうしのひ)って言葉を
よく耳にしますよね?

その日が近づくと、
スーパーでは鰻(うなぎ)が大々的に売り出され、
鰻屋さんは大繁盛します。

そして、その光景をテレビなどで見ているうちに、
不思議とだんだん食べたくなってくるものですよね。

ですが、土用の丑の日って、一体なんなのでしょうか。
どうして鰻を食べるのでしょうか。

そんな、素朴だけど、
実はよく分からない土用の丑の日について、
簡単に分かりやすくご紹介しますね!

スポンサーリンク

土用の丑の日の『土用』って何?

土用の丑の日の『土用』を、私はずっと
『土曜日』のことだと思っていました。

なので、毎週土曜日は来るのに、
どうして年に1~2回しか丑の日はなくて、
しかも土曜日ではない日もあるのか?
疑問でたまりませんでした。

しかし、意外と皆さん
『土用』について知らないのです。

土用の丑の日の土用とは、五行の中国から伝わる
『陰陽五行』を用いたものです。

春夏秋冬を火・水・木・金で振り分けた際に、
余ってしまった『土』をどうするか考えた末、
季節の移り変わりの18~19日を土用ということにした
のが始まりです。

そう考えると、
夏以外にも土用は存在するという事になります。

土用の丑の日の『丑』とは?

次に、土用の丑の日の『丑』ですが、
これは漢字を見てもお分かりのように、
十二支の中の『丑』を表しています。

今は、十二支というと、
年賀状を出す時くらいしか意識していませんが、
月や日にちにも適応されていて、

それをもとに土用と丑が重なる日を、
『土用の丑の日』と定めたのです。

そのため、年に1~2回しか
土用の丑の日は存在しません。

土用の丑の日はどうして『鰻』なのか

土用の丑の日に鰻を食べるというのは、
平賀源内による発案だと言われていて、
売れない鰻屋の店主が、平賀源内に泣きついたのが
始まりだという説が有力です。

『う』のつく食べ物なら何でも良いという説も

土用の丑の日は、『う』のつく食べ物ならば、
鰻でなくても良いという説があります。

それは、『う』のつく食べ物を食べることにより、
病気にならないという言い伝えがあるからです。

『う』のつく食べ物をほかに探してみると、

  • 梅干
  • うどん
  • うずら卵
  • ウインナー
  • うぐいす豆
  • ういろう
  • うど

このようなものがありました。

鰻は近年、高騰を続けているので、
庶民の食卓にはなかなか登場しないですよね。

でも、土用の丑の日なら贅沢しても良いかな?
というきっかけにもなるので、個人的には
土用の丑の日に鰻を食べるという案に大賛成です

最後に、鰻にまつわる豆知識

私の中で鰻は贅沢品ですが、
たまにしか食べないならと
美味しい有名店に行くこともあります。

そんな中で、ある有名店に行った時のメニュー表に、
『関西風』『関東風』という表記がありました。

私の中で鰻とは、
柔らかく蒸してありフワフワとした食感が定番でしたが、
これは『関東風』なんですね。

関西の人は、小ぶりの鰻を蒸すことなく、
パリッとこんがりした食感で楽しむのだそうです。

これは、完全に好みになってくるので、
どちらが美味しいとは言えませんが、
いつも食べ慣れた鰻とは、一味違った鰻を
試してみるのも新鮮でおすすめです。

他にも、名古屋では『ひつまぶし』と言って、
わさびおだしをかけて食べるのが有名ですが、
これもまた、食べ慣れない関東の私には
新鮮で忘れられない味となりました。

2014年の土用の丑の日7月29日(火)になりますので、
皆さんもぜひ、美味しい鰻を食べてみませんか?

スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
解決!僕らのお役立ち情報