生活・イベント生活

免許証の住所変更の手続き方法は?しないと罰金が取られる?

生活・イベント

image0139_01

何らかの事情により住所が変わった時には、色々な手続きが必要になりますよね。

そんな中で、忘れてしまいがちなのが免許証の住所変更です。

今日は、そんな免許証の住所変更の重要性と、その方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

免許証の住所変更、こんな時に注意!

免許証の住所変更を、ついうっかり忘れてしまいがちなのは、たとえば、突然の単身赴任などで引っ越すことになった場合です。

長期間、住所が変わるのであれば、免許証の住所変更は必ず行っておきたいですね。

結婚など、人生の一大イベントで住所が変わった場合には、比較的、忘れずに免許証の住所変更を行うものです。

でも、仕事などによる突然の引っ越しの場合には、ついつい忘れてしまいがちなので、気を付けましょう!

住所変更しないとどうなる?

引っ越しなどにより免許証の住所変更をしなくても、免許証自体は有効です。

ですが、免許の更新ハガキなどは元の住所に届いてしまうため、『うっかり更新を忘れてしまった』という事態になりかねません。

それから、免許証というのは身分を証明するためにも使われる事が多いですから、住所変更しておかないと、身分証明が必要な場合に困ることがあります。

image0139_04

住所変更した場合のメリットは?

免許証の住所変更をしておくと、その免許証を身分証明書として有効に使えるという大きなメリットがあります。

もし違反などで捕まってしまった際にも、ややこしい話をする必要も無く、面倒が無いですね。

ただ、一時的な単身赴任などで、わざわざ住所変更をしてしまうと、元の住所に戻った際には再度住所変更手続きをしなければならず、面倒だというデメリットもあります。

引っ越し先で過ごす期間の長さも考慮して、住所変更したいですね。

住所変更しない場合のメリットは?

住所変更手続きをしておいた方が、その免許証は信頼性の高いものになりますし、多くのメリットがあります。

ですが、住所変更しない場合にもメリットが無いわけではありません。

忙しい方の場合、住所変更の手続きというのは非常に面倒に感じられるものです。

そんな面倒な手続きを行わないというのは、ある意味、時間の節約という点ではメリットとも言えるでしょう。

頻繁に引越しを繰り返す方の場合には、その都度住所変更をするのは面倒です。

免許証としては有効なので、長く住む住所だけで変更するという手もありますね。

また、デメリットとしては、やはり、何かの手続きの際に身分証明がしにくくなるという点が大きいですね。

住所変更の手続き自体にかかる時間は省けても、結局、他の何かしらの手続きの際に手間取ってしまうというデメリットがあります。

気になる罰金・反則点について

軽視してしまいがちな免許証の住所変更ですが、実はこれは、届け出ておかないと反則ということになってしまいます。

道路交通法では、引っ越しで住所変更等の免許証に記載された事項に変更が生じた場合には速やかに届け出ることと決められています。

届け出なかった場合には、1万円以下の罰金または科料に処するということになっています。

つまり、住所変更の届け出を行わないことは立派な反則であり、罰金も発生するのです。

ただ、この『速やかに』がどの程度の期間を指すのかが明確でないため、短期の単身赴任の際などには変更しない方も多いのが現実です。

image0139_02

住所変更の方法

では、具体的には住所変更手続きは、どのような方法で行えば良いのでしょうか?

まず、住所変更をする場所についてですが、これは新しい住所を管轄している警察署の運転免許課運転免許センターで行うことができます。

手続きを受け付けてくれる時間帯は、警察署やセンターにもよりますが、多くは平日8時半~17時で、12時~13時を除く時間となっています。

中には、日曜日の受付を行うセンターなどもあるので、事前に問い合わせてみましょう。

次に、運転免許証の住所変更手続きに必要な準備物です。

まず、運転免許証が必要です。

それから、新住所を確認できる書類(住民票や健康保険証、消印付郵便物、公共料金の領収書など、いずれか一つ)が必要です。

あとは、各警察署や運転免許証センターに置いてある『運転免許証記載事項変更届』という書類と、印鑑が必要になります。

また、都道府県によっては、他の都道府県からの転入による手続きの場合には写真が必要な場合があるので、手続きを行う警察署やセンターに、事前に問い合わせておきましょう。

この運転免許証の住所変更手続きにかかる費用は、無料です。

手数料無料で反則・罰金を免れるのですから、しっかり変更手続きをしておきたいですね。

また、変更手続きをするべき時期については、特に詳しくは決められていません。

ただ、できるだけ速やかにということになっていますので、引っ越しが落ち着いたら、早めに手続きしておきたいですね。

image0139_03

まとめ

ついうっかり忘れたり、面倒だからと軽視して行わない人も多い免許証の住所変更手続き。

ですが、行わないと様々な不都合が生じますし、反則にもなってしまいます。

引っ越しがあった場合には、できるだけ速やかに住所変更をしておくと気持ちが良いですね。