マナー・教養教養

アインシュタインが残した3つの素敵な名言

ain

『20世紀最大の物理学者』とも言われるアインシュタイン

そんな彼は、数々の名言を残し、
今なお多くの人々に影響を与え続けています。

彼が残した名言は、物理学には全く関心のない人でも、
その内容に心を打たれ、人生観を変えられてしまうほど
素敵なものです。

そんな数々の彼が残した言葉の中から、
3つの素敵な名言を紹介します。

スポンサーリンク

その1:自己嫌悪に陥りそうな時に聞きたい言葉

『自分はなんて無力な人間なのだろう』とか、
『私がダメ人間だから、
 こんな結果になってしまった・・・』
なんて、

自分がイヤになってしまいそうになることは、
誰にでも経験があるのではないでしょうか?

そのような、自己嫌悪と言われる
精神状態に陥ってしまった時に、
その人を支えてくれるのは、
素敵な言葉だったりします。

そんな、自己嫌悪に陥りそうに
なってしまった時に聞きたくなる、
アインシュタインが残した名言がコレです。

『私は頭が良いわけではない。 ただ人より長い時間、問題と向き合うようにしている だけである。』

かの大物物理学者ですら、自分のことを天才とか、
頭が良いとか考えていたわけではない
ということが分かるだけでも、
なんだかホッとした気持ちになります。

それに、あれだけの功績を遺したアインシュタインだって、
努力を惜しまなかったのだということが
励ましに感じられますよね。

この言葉を聞くと、
『自己嫌悪に陥って、
 クヨクヨしている時間はもったいない!』

と感じてきます。

自己嫌悪に陥らなければならないような
事態があったのなら、
『その問題とどう向き合うべきか』
を良く考えなければならない
という前向きな気持ちになりますね。

その2:生き方に希望を持ちたい時に聞きたい言葉

『何も面白いことが無い』とか、
『生きていても仕方がない』とか、

自暴自棄になってしまうような、
ボロボロの精神状態になってしまうことも
ありますよね。

どんな言葉も、心に響かないのではないか
と思ってしまいますが、アインシュタインの名言は、
そんなボロボロの精神状態からも
救い出してくれる力があります。

自暴自棄になり、
生き方に希望を持たせてほしいと感じる時に
聞きたい名言が、コレです。

『人生には、たった2つの生き方があるだけだ。 1つは奇跡などないかのような生き方、もう1つは、 まるで全てが奇跡であるかのような生き方だ。』

この言葉を聞くと、奇跡を信じる生き方
信じない生き方、どちらをすべきか、という
単純な選択を迫られているように感じます。

奇跡などないかのように生きるよりも、
生きていること全てが奇跡に感じられるような生き方をしたほうが、ずっと素晴らしいですよね。

全てが奇跡のように感じられるような
精神状態に導いてくれるから、
生きることが希望に溢れているように
思えてきますね。

自暴自棄な気持ちから救ってくれる、
素敵な名言です。

その3:教育に疑問を抱いた時に聞きたい言葉

学校での勉強や、職場での研修・・・
人として生きていくには、
教育を受ける機会がたくさんありますよね。

だけど、
『どうしてこんなこと、しなければならないの?』
『無意味なのでは?』

と、感じてしまう方も多いでしょう。

特に教える立場の先生なんかは、
『自分が教えていることは正しいのだろうか?』
と思えてしまうこともあるでしょう。

子供を持つとして、教育を行う時にも、
同じ気持ちになることがあります。

そんな時に聞きたい
アインシュタインの名言が、コレです。

『学校で学んだことを一切忘れてしまったときに、 なお残っているもの。それこそ教育だ。』

学校で教わる勉強には、大きな意味は
ないこともあるかもしれません。

大人になったらすっかり抜けてしまう
役に立たない内容もあるでしょう。

ですが、心に残っている教師の言葉というのは、
誰にでもあるのではないでしょうか?

これは、学校という教育現場に
限ったことではなく、
職場の研修でも、親子の教育でも
言えることですよね。

『無意味な教育かもしれない。
 でも、何かは残してあげたい。』

そんな気持ちが生み出す教育こそが大切だ
という想いが伝わってくる名言です。

 

まとめ

アインシュタインが残した名言には、
学べることがたくさんあります。

そして人生を前向きに楽しませてくれるような、
素敵な温かさが込められています。

路頭に迷いそうになったとき、
アインシュタインの素敵な名言を
思い出してみましょう。

それだけで、心がスッと楽になったりしますよ。

スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
解決!僕らのお役立ち情報