*

ヘルパンギーナは大人も感染する?手足口病との違いはココ!

公開日: : 最終更新日:2014/05/12 健康・美容 ,

この記事の所要時間: 48

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s

皆さんは、『ヘルパンギーナ』という病気を
ご存知でしょうか?

私自身は、ヘルパンギーナを2年前の夏に
初めて身近で体験しました。

それまで、ヘルパンギーナという病名については、
聞いたことはあったものの、
どのような病気か全く分かりませんでした。

これは、私の周りにいる人も同じで、
意外と知らない人が多いのです。

今日は、そんなよくわからない病気である
『ヘルパンギーナ』について、
皆さんに分かりやすくご紹介します。

Sponsored Link


ヘルパンギーナはどんな病気?

ヘルパンギーナとは、夏に感染する夏風邪の一種で、
毎年6~8月に幼児のあいだで大流行しています。

原因としては、コクサッキーAウイルスの
感染だと言われており、感染すると、高熱が出たり、
口の中に小水疱が現れるのが特徴です。

似たような病気で、
よく比較されるのが『手足口病』です。

手足口病と、ヘルパンギーナの一般的な違いとしては、
ヘルパンギーナの方が発熱しやすいところにあります。
(後ほど詳しく説明します)

それに、ヘルパンギーナの特徴は、
口の中(喉の奥)に小水疱ができるというところで、
手足口病とは、発疹の現れ方が異なります。

手足口病に関して詳しくご覧になりたい方はこちらをどうぞ

手足口病は大人も感染する?子供のために今できる事をしよう


ヘルパンギーナにかかるとどうなるの?

ヘルパンギーナは、潜伏期間が2~5日間だと
言われていて、いきなり高熱が出ることで
発症するパターンが多いと言われています。

生後6ヶ月~3歳前後のお子さんが
比較的多いことから、
親子間でうまく症状を伝えることができず、

病院で診断されて初めて、口の中の水疱により
強い痛みを引き起こしている事実が発覚します。

ヘルパンギーナで一番辛いのは、
乳児の場合は、痛みにより授乳もままならない事や、
食事・水分が、痛みで摂取できなくなることです。

対処法としては、痛みを与えるような食材は
一切NGで、七分がゆのような柔らかいものを
与えるのが良いでしょう。

果物調味料などは、しみる可能性が高いので
控えるのが賢明です。

実際に、うちの子供も1歳になって
すぐにヘルパンギーナにかかりました。

Sponsored Link

感染ルートは定かではありませんが、
飛行機で旅行していた時期が潜伏期間にあたるので、
人ごみで感染したのだと推測しています。

授乳ができないし、離乳食も嫌がることから
本当に苦労しました。

夜中もほとんど眠れない状態が、
3日間ほど続いたことを、
今でも鮮明に覚えています。


手足口病とヘルパンギーナの大きな違い

先程も少し説明しましたが、
ヘルパンギーナとよく間違われる
病気の一つに、手足口病があります。
この違いをご説明しますと、

【手足口病】

  • 平熱もしくは37~38度程度の熱が出る
  • 発疹が手・足・口に広がる
  • 【ヘルパンギーナ】

  • 39度以上の高熱が出ることが多い
  • 発疹は口の中にのみできる
  • ちなみに、ヘルパンギーナと手足口病は、
    どちらも、子供だけでなく、大人も感染します。

    2つの病気に共通しているのは、
    大人になり感染すると『重篤化』しやすい
    というところなので、感染が疑われる場合は、
    必ず病院を受診して下さい。

    中には、入院が必要になるほどまで
    重症化する方もいます。


    ヘルパンギーナの予防策とは

    ヘルパンギーナは、飛沫感染接触感染
    なかには、ウイルスが便に排出されることにより
    感染するケースもあります。

    基本的な予防策としては、

    • 手洗い・うがいを徹底する
    • タオルなどの共用は必ず避けること
    • おむつなどの処理後はきちんと手洗いをする

    このような事が、あげられます。


    ヘルパンギーナの治療法とは

    もしも、ヘルパンギーナに感染した場合は、
    特に有効な治療法はありません。

    熱が高くて辛そうな場合は、
    解熱剤で対応したり、
    水分補給ができない場合は、
    点滴などの対処療法で乗り切ります。

    だいたいは、発症してから1週間ほどで
    改善されますので、特に痛みがひどい
    最初の3~4日間は、お母さんも大変ですが、
    お子さんと一緒に乗り切ってくださいね。


    夏に多い感染症のまとめ

    ヘルパンギーナの他にも、夏に多い感染症として、

    • プール熱(咽頭結膜熱)
    • 手足口病
    • 中耳炎・外耳炎
    • 結膜炎

    などが多く見られます。

    夏は、プールなどの水を介して感染する
    ケースも多いので、感染した場合は、
    完全に良くなり、医師の許可が出るまでは
    自粛するなどを心がけてくださいね。

    みんなが心がけることで、
    ウイルスによる感染症は減少します。
    ぜひ、一人一人が心がける努力をしていきましょう。

    Sponsored Link

    明日があなたにとって良い日になりますように…

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1 follow us in feedly

    関連記事

    認知症は他人ごとではない?気になる症状や車の運転について

    認知症というと、ご飯を食べたのに 食べていないと言ったり、家族のことが よくわからなくなると

    記事を読む

    潰瘍性大腸炎とは?ストレスが原因?食事制限でしっかり治療

    『潰瘍性大腸炎』(かいようせいだいちょうえん)は、近年患者数が増加してきている病気の1つで、その

    記事を読む

    脳梗塞の原因と症状は?気になる前兆と予防法&対処法も!

    後遺症を残してしまったり、時には、命に関わる事態にもなってしまう『脳梗塞』。 そんな脳梗塞が起

    記事を読む

    エボラ出血熱の気になる原因と症状は?そして見えた一筋の光

    今、世界中の注目を集めている『エボラ出血熱』 皆さんは、エボラ出血熱がどんな病気で、どんな症状

    記事を読む

    デイケアとは?創作活動やデイサービスとの違いを紹介!

    デイケアや、デイサービスという言葉は、 日頃から何気なく耳にしていると思いますが、 この2つ

    記事を読む

    斜視って何?あの芸能人も?症状や対策を分かりやすく解説!

    『斜視』と聞くと、多くの人が『ガチャ目』などと言う、良くないイメー

    アロマテラピーのやり方と注意点は?おすすめのオイルはコレ

    『アロマテラピー』は、近年、注目を集めており、ストレス解消や癒しの

    子ども・子育て支援新制度の知っておきたい3つのポイント!

    現在、少子化が囁かれている日本では高齢化社会となっており、未来を担

    ふるさと納税をはじめよう!新制度内容とおすすめ自治体は?

    みなさんは、『ふるさと納税』って聞いたことありませんか? 以前、

    ビジネスマンの身だしなみ!素敵なビジネスバッグの選び方

    営業などの対人関係の仕事をする男性にとって、身だしなみは大切です。

    →もっと見る

    PAGE TOP ↑