エンタメお祭りエンタメ

鎌倉花火大会2014を満喫!穴場スポットやお出かけ情報も!

image1

毎年、大勢の人出で賑わう『鎌倉花火大会』
鎌倉花火大会は、2014年も、
期待が持てる内容となっています。

見どころ満載で、カップルでも家族でも
楽しめること間違いなしの鎌倉花火大会。

今日は、そんな大人気の鎌倉花火大会を、
より一層満喫できるような楽しみ方をご紹介します。
絶対に見逃さないで下さいね!

スポンサーリンク

鎌倉花火大会とは

鎌倉花火大会は、毎年7月23日ごろ、
由比ヶ浜海岸材木座海岸で開催される花火大会です。
2014年には66回目の開催と、
その歴史の長さにも注目ですね。

そんな鎌倉花火大会の開催日程は、
2014年も7月23日の水曜日を予定しています。
雨天の場合には予備日の翌日に延期となります。

この花火大会は、毎年、10万人以上
人出で賑わう大きな花火大会で、
鎌倉の夏の一大イベントとなっています。

鎌倉花火大会の見どころ

鎌倉花火大会の見どころは、
なんといっても大迫力の水中花火です。

海の上の船から投げ込まれる花火が、
水上で見事に扇状に花開きます。
空の上に見える花火とは一味違った、
海の中での花火は素晴らしいものです。

また、そんな水中花火と、鎌倉花火名物
スターマインとを競演
させる演出もあり、
こちらもかなりの見どころとなっています。

鎌倉花火大会は、水中花火を見ないと
始まりませんね!

鎌倉花火大会へのアクセス

鎌倉花火大会は大人気の花火大会ですので、
事前にアクセス方法を、しっかりチェック
しておくことが大切です。

基本的には公共の交通機関を利用するのが
おすすめ
で、江ノ島電鉄の由比ヶ浜駅か、
和田塚駅から徒歩5分となっています。

また、少し歩くことを覚悟するのであれば、
JR江ノ島電鉄鎌倉駅からなら徒歩15分です。

鎌倉花火大会の当日は、会場周辺で交通規制が敷かれ、
さらに大変な渋滞も予想されます。
駐車場もあっという間に満車になる可能性が高いので、
できるだけ電車を利用しましょう。

鎌倉花火大会を満喫できる穴場スポット

鎌倉花火大会では、大迫力の花火を、間近で
楽しむことができる会場も準備されています。
会場から見る花火は真正面なので、
とても美しく見えるのが魅力です。

ですがこの会場は、有料席となっており、
料金は5,500円です。

席数が500席しかないため、あっという間に
完売になってしまううえに、指定席ですが
位置の希望ができません。

また、無料で花火が眺められる場所も、
早朝から場所取りをする方が多いため、
なかなか良い場所を確保するのは難しいですね。

ブルーシートを敷いておいても、その場を離れれば
シートが残っていることは保証できません。

そのため、鎌倉花火大会をより満喫したいなら、
穴場スポットを活用するのがおすすめです。

鎌倉周辺の海岸なら、
少し離れても見ることはできますが、
水中花火が見えないと意味がありませんね。

そこで注目の意外な穴場スポットが、
材木座(ざいもくざ)です。
こちらは由比ヶ浜よりも格段に人出が少ないうえに、
花火もバッチリきれいに見えるのが嬉しいですね。

鎌倉花火大会のお出かけ準備

鎌倉花火大会を心から満喫するためには、
準備を万端に整えておくことも重要です。

まずは見た目ですが、
鎌倉という歴史ある地域での花火大会ですから、
浴衣を着て情緒を楽しみたいですね。

また、浴衣の際の髪型ですが、アップスタイル
素敵だけど、この際、ダウンスタイルで髪飾りを
付けてみる
、なんて粋なスタイルはいかがでしょうか?

人出の多い花火大会で、
周囲と差をつけることができますよ!

鎌倉花火大会の際の持ち物の準備については、
とにかく混雑する花火大会なので、貴重品はなるべく
持ち歩かず、最低限のお金だけを、しっかりと
手に持てる巾着などに入れておくと良いですね。

浴衣と合わせて素敵な巾着を準備しましょう。

鎌倉花火大会は、人手が多くて
予想以上の熱気に包まれます。
扇子なども持っていくと、
暑さを和らげることができますよ!

まとめ

見どころ満載で大人気の鎌倉花火大会。
しっかりと準備をして、混雑に悩まされずに
穴場スポットで満喫したいですね。

せっかくの大きな花火大会なので、
ファッションも思い切り楽しんでみましょう。

周囲の誰よりも素敵な浴衣ファッションで
お出かけすれば、
より楽しい花火大会になりますよ!

スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
解決!僕らのお役立ち情報