エンタメエンタメプール

稲毛海浜公園プールHOT情報!新しい遊具も登場して期待大!

千葉市街地中央から、西に約3kmに及ぶ
広大な稲毛海浜公園の一角にあるのが
稲毛海浜公園プールです。

公営でありながら、充実したレジャープール
ということもあり、夏になると県内外から
多くの利用客で賑わいます。

造波プールや流水プール、ウォータースライダーは
もちろん、今年は新たにウォーターアスレチック
キッズアスレチックなどの遊具も加わって、

さらにアミューズメント性がアップするというから
期待できます。

待ち遠しい開園日は7月19日(土)
今からプランを練って心待ちにしている人も
多いに違いありません。

日本初の人工海浜『いなげの浜』への出入りも自由で、
開放感あふれる夏のレジャースポット
稲毛海浜公園プールのHOTな最新情報をご紹介します。

スポンサーリンク

稲毛海浜公園プールとは

image1

出典:http://city.chiba.jp/

稲毛海浜公園プールは、昭和52年(1977年)7月に
海洋型のリゾート施設としてオープンしました。

14種類ものプールに加えて、
今年はまた新たな遊具が加わり、
水遊びもさらにエキサイトすること必至です。

プールで人気なのはスライダー系で、
特に、11m強の高さから蛇行して滑り降りる
全長103.5mのブルーウォータースライダーは、
スリルを求める人達が常に長蛇の列を作っている状態。

子供から大人までスピードとスリルを楽しんでいます。

日焼けの気になる人には室内プールがありますし、
泳ぎの練習をしたい人には、
一方通行の50mプールもあり、
様々な楽しみ方をできるのがここの特徴。

レストランや売店、
遊具の貸出(有料)もあります。

プールサイドに植えられたヤシの木などが
南国リゾート気分を盛り上げてくれる、
夏にぴったりのアミューズメントスポットです。

稲毛海浜公園プールの気になる基本情報

開園期間:
  7月19日(土)~8月31日(日) 

開園時間:
  9時~17時(入園は16時まで)

入園料:
  一般/1,100円、高校生(要学生証)/800円、
  小中学生(中学生は要生徒手帳)/400円
  幼児(4歳以上)/200円
 ※前売り券あり(7/1~8/24までコンビニにて販売)
  詳しくは公式ホームページをご覧ください。

アクセス:
  JR稲毛駅西口1番バス乗り場
   『海浜公園プール行き』で終点下車、徒歩約5分
  JR稲毛海岸駅南口2番バス乗り場
   『海浜公園プール行き』で終点下車、徒歩約5分

駐車場:
  あり
 ※夏期プール開園中 1日1回/600円

ニューフェイスの遊具って何?

今年新たに加わる遊具は、
『ウォーターアスレチック』、『キッズアスレチック』、
『ウォーターバルーン』、『ビッグローラー』
です。

ウォーターアスレチックのみ室内プールにあり、
あとは滝プールで使える遊具となっています。

ウォーターアスレチック、キッズアスレチックは、
滑り台や大型フロートで楽しめる遊具
(20分/400円~)です。

そして、ウォーターバルーンは、
大きなバルーンの中で歩くと、
クルクル水上を移動できる遊具(5分/500円)、

ビッグローラーは、ウォーターバルーンの
俵型バージョン(5分/500円)です。

水の上にプカプカ浮かんだり、
まるでハムスターのようにコロコロ転がったりできる
普段味わうことのできない新感覚の遊具なので、
これは人気が集まりそうです。

1日快適に遊び倒す8つのコツ!

  • 混雑必至なので、車で訪れるなら
    開園1時間前には到着しましょう。
  • チケットは、事前にコンビニなどで前売り券を
    購入しておくと、券売所ではなく、すぐに
    入場ゲートに並べるので場所取りも有利になります。
  • 開園するまでの待ち時間は、日陰がないため
    想像以上に体力を消耗します。
    日傘や帽子などで直射日光から身を守りましょう。
  • プール内も日陰がないため、サンシェード
    (高さ160cm以下で、四方の足がシートで
    つながっているもの、テントは持ち込み禁止)
    を持参すると休憩中も快適。
  • 日焼け止め(サンオイルも)はプールが汚れるので
    禁止となっているため、日焼けをしたくない人や
    肌の弱い人はラッシュガードがあると便利です。
  • 売店は昼時になると長蛇の列となるので、早めに
    買っておくかお弁当を持ってくるとノンストレスです。
    ちなみに、飲み物はビン・カン類とアルコールは
    持ち込み禁止、ペットボトル・水筒はOKです。
  • 女子トイレはいつも大混雑なので、
    早めに行って並ぶようにしましょう。
    入園ゲートのほうのトイレまで少し戻ると、
    気持ち空いていることもあります。
  • 隣接するいなげの浜で海水浴も楽しみたい場合は、
    砂が高温でやけどするので
    サンダルを持って行きましょう。

最後に

稲毛海浜公園の一角にある、
広大なスペースを誇るプールということで、
夏は土日やお盆休みだけでなく、平日も混雑します。

流水プールなど、昼過ぎには
足の踏み場もないほど混んでいたことも…。

ただ、中には朝一で訪れて、14時過ぎには帰る
という人もいますので、早起きや並ぶのが苦手な人は
その頃を狙って行くのもいいかもしれません。

その際、車だと駐車場に入れない場合が多いので、
バスを使って行くのがベストです。

あとはとにかく日陰がないので、サンシェードなどで
直射日光から退避できる場所を作るのが、
稲毛海浜公園プールの攻略ポイントとなります。

あとしばらくすれば、
稲毛海浜公園プールがオープンします。

お手頃価格でリゾート気分を満喫できる
稲毛海浜公園プールで、今年も夏休みの
よい思い出を作りましょう。

スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
解決!僕らのお役立ち情報