エンタメエンタメ観光

東京スカイツリーを楽しむ5つのコツ!スカイダックとは?

08_東京スカイツリー

東京都墨田区にそびえ立つ東京スカイツリー

建設中にぐんぐん伸びていく風景から、
開業当初に駆け込む来場者の人々など、
テレビや新聞でも大きく取り上げられていました。

今や、東京を代表する観光名所の1つになっていますが、
東京スカイツリーに加えて、近隣施設も、
数多く展開されているのをご存知ですか?

東京スカイツリーに行ったことがある人も、
これからの人も、新しい発見があること間違いなし!
東京スカイツリーを、もっと楽しく遊ぶための
5つのポイントをご紹介します!

スポンサーリンク

東京スカイツリーとは?魅力や特徴

東京スカイツリーは、2012年に開業した
地上デジタル放送タワーです。

以前、電波塔として使われていた東京タワー
高さ333メートル。一方、こちらは高さ654メートル
2011年のギネスブックには、世界一高いタワーとして
認定されています。

そんな東京スカイツリーの魅力は、
なんといっても展望台

高さ350メートルには、2,000円(大人)で入場できる
『展望デッキ』があり、更に1,000円(大人)を
追加すれば、高さ450メートルの『展望回廊』へと
登ることができます。

展望デッキでも、東京ゲートブリッジ東京タワー
見ることができ楽しめますが、おすすめは展望回路

変わる風景はもちろんですが、
エレベーターの天井部分が透けているので、
上昇下降がすいこまれる感覚!

風景プラスこんな楽しみ方ができるのも、
展望回路の魅力ですね。

【ポイント1】

  • 風景だけじゃない!シースルー天井は肝試し感覚!?
    東京スカイツリーは、ぜひ、展望デッキと展望回路の
    両方を楽しもう!
  • 写真を撮るポイントは、たくさんあるので、
    カメラを忘れずに!

東京スカイツリータウンも見逃せない!

また、東京スカイツリーの近隣施設も見逃せません。
東京スカイツリータウンが用意されており、
展望を楽しんだ後も、食事観光イベントなどを
楽しむことができます。

東京ソラマチ

大型商業施設の東京ソラマチは、なんと312もの
店舗があり、ファッションカフェデザートなど
1日楽しめてしまうのが魅力。

東京スカイツリー限定アイテムも、数多くの種類が
販売されているので、お土産購入にもピッタリです。

【ポイント2】

  • 東京スカイツリー限定アイテムが盛りだくさんで、
    お土産にピッタリ!
  • タワー系グルメは、満腹感だけじゃなく、
    お土産話にもGOOD!

すみだ水族館

大きなゆりかごをイメージして作られた水族館。
亜熱帯の小さな熱帯魚から、ペンギンオットセイなど
様々な種類の海の生き物を間近で見ることができます。

一番の魅力は、世界自然遺産にも登録された、
小笠原の海を再現したこと!
ボニンブルーと言われる、独特の、深い青みが
強い色が特徴的です。

【ポイント3】

  • 東京にいながら小笠原の海を感じる不思議な感覚!
  • ボニンブルーの世界で、魚たちが泳ぐ姿を近くで
    見れば、美しい光景に心も癒される!

プラネタリウム『天空』

劇場型のドームの中で魅せるプラネタリウム
最新の技術と設備を駆使し、星空の4D体感を
楽しむことができます。

CG映像や音楽だけでなく、ハンモック風の椅子や
アロマによる香りの演出もあって、癒し効果は抜群!
時空の冒険からヒーリングまで用意されています。

【ポイント4】

  • キレイで美しい星空に魅了されながら、
    心地よい音楽と香りの演出は魅力的!
  • 極上の空間の中で、ゆっくりとした
    時間の流れを味わうことができる!

水陸両用!?東京発のスカイダックとは?

さらに、新しい楽しみ方としては、
東京スカイツリーを眺めながら進んでいく
スカイダックがおすすめです。

水陸両用バスに乗りながら、
東京の陸と水の上を進んでいきます。

『亀戸コース』『東京スカイツリーコース』
ありますが、いずれのコースも、荒川近くの
旧中川を通るルートになっています。

川の中に飛び込むスプラッシュポイントは、
目の前で大きな水しぶきを上げるのでビックリ!
爽快感もたまりません。

予約は公式サイトコールセンターの他に、
とうきょうスカイツリー駅前営業所店頭や
Webサイトのオンライン予約も用意されています。

時期により開催時間や休業日が変わるので
気をつけましょう。

【ポイント5】

  • スカイダックの魅力は、陸から水へ飛び込む瞬間!
    でも、東京スカイツリーの観光も大切なポイント!
  • 三角から円形に変わる建造物は、角度によって
    見え方が変わるので、『東京スカイツリーコース』で、
    その違いを楽しみましょう!

まとめ

いかがでしたか?

東京スカイツリーに加えて、
東京スカイツリータウンスカイダックもあり、
とても1日では遊びきれないほど、楽しいポイントは
たくさんありますよね。

ドキドキワクワクから、ゆっくりリラックスした空間、
さらには、美味しいグルメまで、
何でもそろう東京スカイツリーの観光を、
目いっぱい楽しみましょう!

スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
解決!僕らのお役立ち情報