健康・美容健康病気

気になる爪の縦すじは?もしかして病気?健康状態を知ろう!

みなさんのは健康ですか?

女性は、流行のジェルネイルのせいで、爪の状態がよく分からないという方が多いと思います。

ですが、爪の状態を見れば、体の健康状態まで予測できると言われるほど、爪は健康のバロメーターとなるのです。

そんな、気になる爪の健康状態についてご紹介します。

スポンサーリンク

爪の縦すじは病気のサイン?

爪を観察してみると、

  • うっすら縦すじが見える人
  • はっきりと縦すじが見える人
  • 縦すじはないが横すじが見える人
  • 爪が変色している人
  • 綺麗な状態の人

以上のどれかに、皆さん当てはまると思います。

この中で、縦すじが見えるという人は、以下の事に注意してみてください。

縦すじの原因は、

  • 老化現象
  • 内蔵の疾患
  • 栄養不足
  • 睡眠不足

このようなことが考えられます。

なんだか体調が悪いなと思ったら病院を受診してみてください。

他にも、自分自身で思いつくことがあるようなら、生活習慣の改善や、食生活の見直しが必要です。

老化現象に関しては、体の中から若々しく保つ事を心がけて、ビタミンEなどの、抗酸化作用が期待できる食品を多く摂取しましょう。

爪を見れば健康状態が把握できる?

爪に何も施していない、健康な状態であれば、爪の変化で、ある程度の健康状態が予測可能です。

ですが、マニキュアジェルネイル等を繰り返している爪は、爪自体が、そこでどうしても弱ってしまうので、身体の健康状態を判別することは難しくなります。

健康な状態の爪で、健康状態を判断する基準は、

  • 爪の色・艶(つや)
  • 爪の縦すじや横すじ
  • 爪の凹凸

以上の3つがあります。

共通して言えることは、爪がピンク色で艶があり、凹凸もなくフラットな状態が健康的ということです。

※あくまで健康状態の目安です。爪だけで判断するのはやめましょう。

爪の色・すじ・凹凸で分かる健康状態

爪の色が黒ずんでいる場合は、肝機能の低下が疑われています。

また、白く濁っているときは、ネフローゼの疑いがあります。

爪表面に横すじがある場合は、貧血・ストレスなども関係しているので、様子を見てひどい場合は受診してみて下さい。

爪表面の凹凸は、栄養不足体調不良、または皮膚病の恐れがある場合もあります。

正しい爪のお手入れ方法

爪には、きちんとしたお手入れ法があることをご存知でしたか?

爪なんて気にならないという方もいますが、爪をきれいに保つことで清潔感も維持できますし、男性から見て好まれる爪も、ネイルを施した状態ではなく、素の綺麗な状態です。

まず、基本的なお手入れ法を一緒におさらいしてみましょう。

1. 爪を切る

爪を切るときは、白い部分を1ミリ残して切るようにしましょう。

サイクルとしては、2~3週間に一度が目安です。

切ったあとは、目の細かいヤスリなどで軽く角を整えましょう。

2. 甘皮処理は自分で行わない

甘皮は、一見不要なように見えますが、細菌などの侵入を防ぐ大事な役割を果たしています。

たとえば、私たちの体に毛が生えているのは体を守るためです。

その毛は、一見ムダ毛に見えますが、本能的に肌を守ろうとする事から、自然と生えてきます。

髪の毛が一番多いのはそのためでもあります。

この原理と同じように、甘皮も、爪を守ってくれる大事な役割を果たしています。

甘皮処理を行いたい場合は、慣れないうちは、きちんと知識を学んだプロの方にお願いしましょう。

3. ハンドクリームなどで乾燥から爪を守る

爪も、肌と同じように、乾燥するとバリア機能が低下します。

きちんとハンドクリームやネイルオイルで油分を補給してあげてください。

4. 亜鉛のサプリメントを飲む

亜鉛が不足すると、爪は弱くなります。

そのため、亜鉛をサプリメントで補給してあげるのが良いでしょう。

ネイルをまめにされる方には、亜鉛は欠かせないサプリメントです。

最後に

爪の健康状態は、普段の食事が大きく影響します。

欧米化された食生活は、炭水化物を多くとりがちです。

出来るだけ、炭水化物は抑えて『タンパク質』を多く摂取するように心がけましょう。

タンパク質の中でもおすすめなのは、

  • 大豆類
  • 鶏肉

等となります。

これらのタンパク質は筋肉をつくるのにも最適なので、プロポーションをよくする効果もあります。

ぜひ、実践して見てくださいね。

スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
解決!僕らのお役立ち情報