*

マグロの回遊・群泳が圧巻!葛西臨海水族園の耳より情報!!

公開日: : エンタメ ,

この記事の所要時間: 58

image1

葛西臨海公園の一角にある葛西臨海水族園は、
今年で25周年。

まず、入ってすぐに見られる、
クロマグロの回遊・群泳に息を呑み、
巨体のクロマグロなどが悠然と泳ぐ姿を見ることで、
海の世界に入り込んでいきます。

すると、もう日常を忘れて、
海の神秘に魅せられ始めてしまう、
そんな癒しスポットなのです。

イルカショーなどはありませんが、
国内最大級のペンギン展示施設など、

充実した展示や、入園料が安く、
子供を連れて遊びに行きやすいということもあり、
週末や夏休みともなると、
大勢の人で賑わいを見せます。

とはいえ、比較的マイペースで回って
楽しめるところがいいところです。

水族園を回った後に余裕があれば、
葛西臨海公園で潮風を感じながら散策を楽しんだり、

地上117mの日本最大級の大観覧車
『ダイヤと花の大観覧車』から、レインボーブリッジ、
海ほたる、富士山、房総半島、東京ディズニーリゾート
などの大パノラマを楽しむこともできます。

今日は、そんな葛西臨海水族園の耳より情報について
ご紹介していきます!

Sponsored Link


葛西臨海水族園とは

平成元年(1989年)に、東京湾岸地区整備事業の一環で
上野動物園開園100周年記念として計画され、
開業したのが葛西臨海水族園です。

ここの目玉はクロマグロの群泳ですが、
他にも、世界各地から集められた様々な生き物や
東京の海の魚を展示し、『海と人間との交流の場』
となることを目指しています。

葛西臨海水族園に着くと、まずは地上30.7mに及ぶ
巨大なガラスドームの建物に圧倒されるのですが、
この中には大水槽で回遊するクロマグロがいます。

これは、外洋性の魚の群泳を、世界で初めて
実現したことで話題になりました。

また、100羽越えのペンギンの愛らしい姿、
そして600種以上の、世界中の海に生息する
生き物たちも見ることができ、

子供から大人まで、日常を忘れて、
海の世界を散歩することができます。

ふれあい体験のできる『タッチンフィーリン』などの
定例イベントのほか、これから夏休みに向けて
様々なイベントも企画されますので、

訪れる前にイベントチェック&予約をしておくと、
楽しみも倍増です。


葛西臨海水族園の気になる基本情報

開園時間: 9時30分~17時(入園は16時まで)
     ※変更の場合もあり

休園日:水曜日(休日の場合は翌日)、年末年始

入園料:一般/700円、中学生(要生徒手帳)/250円
    65歳以上/350円
   ※小学生、都内在住・在学中学生は無料
   ※年間パスポートあり
   ※無料公開日あり
   ※詳しくは公式ホームページをご覧ください。

Sponsored Link

アクセス:JR京葉線『葛西臨海公園』から徒歩(約5分)
    ※車の場合は首都高湾岸線葛西ランプから約5分

駐車場:葛西臨海公園駐車場を利用
    最初の60分/200円、以降30分毎/100円


葛西臨海水族園をガッツリ楽しむためのポイント

・1日に2回ある、解説スタッフによる正味45分の
 ガイドツアーは、中身が濃くておすすめです。

 時間が合えば参加してみると、
 新たな発見があってより楽しめます。

・アカシュモクザメ、マグロ、ペンギン、
 海鳥などの、食事の様子を楽しめる
 エサやりの時間チェックは忘れずに。

 アカシュモクザメは、火・木・土・日のみで14時から、
 マグロは毎日14時半からと、
 曜日によっては見られない場合や、午後に1回のみ
 ということもあるので予め確認しておきましょう。

・ペンギンの生態の横にある、
 ふれあいゾーン『タッチンフィーリン』では、
 サメやエイを直接触ることができます。

 10時半~12時、14時~16時の1日に2回で、
 子供も大人も、おっかなびっくり触って
 感触を確かめている人気コーナーです。

・マグロ関連商品が充実しているグッズショップを
 じっくり見て回るのも、実はとても面白いです。

 マグロ柄手ぬぐい、マグロのぬいぐるみ、
 マグロの寝袋、まぐろチップス、まぐろサブレなど、
 とにかくマグロづくしで、マグロLOVEなところに
 愛嬌を感じて楽しくなってきます。

・グッズショップがマグロづくしなら
 レストランもマグロに期待を!

 様々なマグロメニューがありますが、
 いざ口に運ぼうとすると、
 大水槽で泳いでいたクロマグロの姿を思い出し、
 皆一様に一瞬箸が止まります。


はみだし情報

・葛西臨海公園内にある
『ダイヤと花の観覧車』の半券を券売所で提示すると、
 入園料が2割引きになります。

・葛西臨海水族園は半日もあれば回れるので、
 子供連れの場合は、そのあと、
 海辺で遊ばせるというパターンになります。

 海水でびしょびしょになることも珍しくないので、
 着替えやタオルは持って行きましょう。


最後に

葛西臨海水族園を、ぐるっとひと通り見て回るのに
かかる時間は1時間半から2時間ほど。

小さすぎず大きすぎず、
ちょうどよい規模と人気の施設です。

派手なパフォーマンスはありませんが、
世界で初めて水槽内でのクロマグロ自然産卵に成功し、
デリケートで飼育が難しいとされている
マグロを飼育しているという

国内でも特色ある水族館(水族園)なので、
訪れる価値があると評判でもあります。

ここでは、みどりの日5/4や、都民の日10/1
開園記念日10/10など、年に数回の
無料公開日があるのもうれしいところ。

無料公開日はやはりけっこう混雑しますので、
人混みは苦手、ゆっくり楽しみたいという人は
別の日に訪れることをおすすめします。

生物に関する本や資料、
ビデオを見ることのできる情報資料室もあります。

小学生なら夏休みの自由研究にも大いに利用できるので
めちゃおすすめですよ!

Sponsored Link

明日があなたにとって良い日になりますように…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

関連記事

今年こそ東武動物公園スーパープールで暑い夏を乗り切ろう!

夏といえば、やっぱり海よりもプールですよね。 気軽に行けて、後片付けも楽ちんなプールは、 多くの

記事を読む

浜寺公園プールのジャイアントスライダーを格安で楽しもう!

夏が近づき、どんどん気温も上昇してきました。 今年は『冷夏』かもしれない なんて予報もありました

記事を読む

よみうりランド『プールWAI』へ行こう!楽しむコツとは?

夏といえばプールですよね! 全国に、たくさんのプールがありますが、 中でも、特に人気のあるプール

記事を読む

熱海花火大会2014最新情報!満喫できる穴場スポットはココ!

熱海花火大会は、2014年で63回目となる 歴史ある花火大会です。 毎年、多くの人で賑わい、

記事を読む

湘南の名所『新江ノ島水族館』をとことん楽しむ方法!

新江ノ島水族館は、平日でも家族連れやカップル、 遠足で訪れた小学生などで賑わいを見せ、 あち

記事を読む

斜視って何?あの芸能人も?症状や対策を分かりやすく解説!

『斜視』と聞くと、多くの人が『ガチャ目』などと言う、良くないイメー

アロマテラピーのやり方と注意点は?おすすめのオイルはコレ

『アロマテラピー』は、近年、注目を集めており、ストレス解消や癒しの

子ども・子育て支援新制度の知っておきたい3つのポイント!

現在、少子化が囁かれている日本では高齢化社会となっており、未来を担

ふるさと納税をはじめよう!新制度内容とおすすめ自治体は?

みなさんは、『ふるさと納税』って聞いたことありませんか? 以前、

ビジネスマンの身だしなみ!素敵なビジネスバッグの選び方

営業などの対人関係の仕事をする男性にとって、身だしなみは大切です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑